光脱毛が引き起こす身体の影響って?ホントに大丈夫?

今では当たり前になってきた脱毛。
日々のムダ毛処理から解放されることはうれしいですが、一方で身体への影響が気になる方は多いようです。
脱毛にはさまざまな方法がありますが、現在主流となっているのは光脱毛です。

 

 

光脱毛とは文字通り、光を用いた脱毛を意味します。

脱毛に使われる光は特殊な波長をもつ赤外線で、黒いものに対して熱反応が起きる特性をもっています。
脱毛をする際は、毛を色を構成しているメラニンに反応して毛根部分にある「乳毛頭」を硬化させて、毛が生えてくるのを抑制します。
そのため、毛が生えていない部分に対しての影響はないといってよいでしょう。
ただし、毛乳頭部分に反応する際に多少の痛みを感じることはあるようです。
しかし、そのあとはジェルなどを塗って保湿し肌を保護するため、安全性が高い脱毛方法といえます。

 

安全性が高い光脱毛ですが、例外はあります。

 

ひとつは、日焼けやシミ、ほくろがある場合です。光脱毛は黒いものに反応するため、日焼けした状態で行うとやけどする場合があります。

 

しかし、日焼けが薄くなってから行えば問題ありませんし、シミ・ほくろはテープなどで保護し光が当たらないようにすることが大半です。

 

ふたつめは、妊娠中の脱毛です。妊娠中は女性ホルモンのバランスに変化するため、肌がとても不安定になり、普段より刺激を強く感じやすくなります。

 

また、施術中は箇所によって時間がかかるため、同じ姿勢でいることが身体への負担になることもあるようです。

 

このような理由で妊娠中の脱毛は、妊婦さんの身体のことを考えて、大半はお断りされます。

しかし、上記のふたつを抜かせば、光脱毛が身体に与える影響はないと考えてよいでしょう。