ニードル脱毛光脱毛と光脱毛、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

エステや脱毛サロンで行う脱毛法には、光脱毛とニードル脱毛があります。
光を使った脱毛はフラッシュ脱毛やIPL脱毛、SSC脱毛などの名称で呼ばれ、基本的な施術の方法や効果にはそれほど違いはありませんが、
使用している光の種類やジェルの種類の違いなどから呼び方が違っています。
一度に広い範囲の脱毛が可能なうえ、痛みも輪ゴムでパチンと弾かれた程度で済むので、楽に全身脱毛ができると評判です。

 

ムダ毛のメラニン色素に反応して熱を出す光を照射して、毛母細胞にダメージを与えるので脱毛効果は高いのですが、光が周辺の皮膚には影響を与えないので非常に安全性の高い脱毛法だと言われています。

 

ニードル脱毛は、医療用のハリを使いムダ毛の流れに沿ってハリを皮膚に差し込んで、
微電流を流し毛母細胞を破壊する脱毛法で、光脱毛と比較すると、より高い脱毛効果があります。
完全に脱毛をしたいのなら、ムダ毛の一本一本目で確認しながら行うニードル脱毛がたいへんおすすめです。

 

仕上がりの綺麗さはどちらも同じくらい綺麗ですが、ニードル脱毛は、その施術方法ゆえに肌トラブルが起きやすく、
針を刺すのでどうしても内出血を起こしやすくなり、傷口から雑菌などが入らないように衛生面で厳重に行われなければいけません。
また電流を流すので点状の火傷になってしまうこともあり注意が必要です。

 

仕上がりを美しさを求めるのなら、技術力が高く、プレケアやアフターケアをしっかりと行ってくれるエステや脱毛サロンで施術を受けることが大切ですね。

 

ニードル脱毛は、施術にかなりの痛みが伴うので、背中やお腹、ワキなど広い範囲は光脱毛で行い、まゆ毛や襟足、男性のひげなど繊細なデザインが必要なパーツはニードル脱毛で行うと良いでしょう。