ニードル脱毛って妊娠中でもできるの?あなたの不安、解消します!

脱毛と言うと光やレーザーを使った脱毛法が主流ですが、一昔前まで脱毛と言えばニードル脱毛のことを指しました。
これは毛穴に細い針を刺して、そこに電気を流す方法です。毛穴1つ1つを処理するので時間がかかりますし、毛穴に針を刺して電気を流すことから、それなりに痛いです。

 

しかし、毛穴に直接アプローチするので即効性がありますし、結果がわかりやすいというメリットもあるので、脱毛法の一種として依然として残っています。
それにニードル脱毛は光とは違って色の黒い部分でも脱毛できることから、全体は光脱毛で漏れた部分だけニードル脱毛を選ぶ人も多いのです。

 

そんなニードル脱毛ですが、妊娠中でもできるのでしょうか。基本的に妊娠中のニードル脱毛はNGとしているサロンがほとんどです。
これはニードルがお腹の赤ちゃんに直接影響を及ぼすことが原因ではありません。
電気を流すと言ってもごく微量ですし、ターゲットは毛根なので、赤ちゃんへの影響はありません。
ただ、妊娠中の体は通常と異なるため、ニードル脱毛をすることでそれが刺激となり、間接的に母体に悪影響を与える可能性が否定できません。

 

そのため妊娠期間は避けた方がいいのです。
同じような理由から妊娠期間の光脱毛やレーザー脱毛も原則禁止としているところがほとんどです。

 

ただ、仮に施術期間に妊娠が判明したとしても心配いりません。上記のように胎児に直接的な悪影響はないからです。
妊娠しているのに脱毛してしまった、お腹の赤ちゃんは大丈夫かしらと無駄に悩むこと自体がストレスとなって悪影響を及ぼしてはいけませんので、あまり気にやまないことです。
妊娠がわかったら速やかにお店側に連絡をしてコースを退会するなり、一旦中断するなりしましょう。