レーザー脱毛と光脱毛、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

カミソリや毛抜きを使った自己処理は卒業したい。
となるとレーザー脱毛と光脱毛があるけれど、どちらがいいのかとお悩みの方は多いようです。
せっかくお金を払って脱毛するなら効果が高い方を選びたくなるのは当然です。本当に毛が生えてこなくなるのはどちらなのでしょうか。

 

結論から申し上げると、ズバリレーザー脱毛です。
どちらも光を使って毛母細胞にダメージを与えることで、脱毛を進めるのは同じです。
ただ、仕上がりに違いが出るのは使用する光、そしてその強さが違うからなのです。
光脱毛では比較的マイルドな光を低出力で使用するので、効果は弱めです。
それに対してレーザー脱毛は強めの光をそれなりの出力で使用するので、効果が高いのです。
もちろんその分痛みを伴うケースがありますが、必要であれば表面麻酔などである程度は痛みを軽減できるのです。

 

光が強いレーザー脱毛のメリットは、ツルツルにするまでの回数、そして期間が短く済むことです。
値段はエステよりも高いですが、短期間で高い効果を得られると思えば決して高い買い物とは言えないでしょう。
それに対して光脱毛は値段は安いですが、その分数年かけて回数をこなさないといけません。
よくある全身脱毛1年のコースであれば10万円ほどで終わると思いきや、本気でツルツルにしたいなら3年はかかると言います。
つまり1年では毛量を減らすにとどまるので、ツルツルまで持って行きたいならさらに2年ほど契約して脱毛しないといけないと、
結局かかるお金も同じくらいになり、しかも時間は3倍かかってしまうのです。

 

このように本当に生えてこなくしたい、つまり永久脱毛したいならレーザー脱毛がいいのですが、
永久でなくとりあえず今だけ、しかも時間がかかってもいいなら光脱毛でもいいでしょう。